背の順が一番前の息子

私は30代後半の主婦なのですが、最近悩んでいることをちょっと吐き出したいと思います。

実は、このところ小学生高学年の息子が身長がなかなか伸びないことに悩んでいたんです。

背の順で並んだ際に一番前に

息子の話によると、小学校高学年にもなると周りの女子が大きくなってきて、身長の低い自分の頭に肘を置かれるというようなことがあり、それがすごく嫌なようです。

また、背の順で並んだ際に一番前にしかなったことがないため、後ろのクラスメイトがこそこそとしゃべっているのが羨ましいというか気になるというか、背の順が一番前の子特有の劣等感もあるみたいなんですね。

わたしたち両親とも、そんなに身長が高い方ではないので、遺伝的に考えても、このまま背が伸びないのではないかと息子なりに考えて不安になることもあるようです。

遺伝のことを持ち出されると、わたしとしても負い目を感じずにはいられず・・・
ネットで身長が伸びる方法などについて少しずつ調べたりするようになりました。

すると、このように「子供がストレスを抱えていると身長の伸びがよけいに悪くなることがある」と聞いて、身長のこともそうですがストレスで他のことにも悪い影響がでないかとても心配になりました。

また、心配であれば、成長ホルモンの分泌が正常かどうか調べる検査がある、ということが分かりました。

成長ホルモンの分泌の検査

息子には、男の子だからこれからまだまだ伸びる(可能性がある・・・)と言ってはいたのですが、それでも不安なようなので、というかぶっちゃけ私も不安なので・・・、成長ホルモンの分泌の検査をしてもらいました。

その結果成長ホルモンは出ていたので病気ではないと病院の先生に言っていただき多少は安心したようです。

それと、先生には日常生活で気をつけるべき点をアドバイスいただきました。
↓↓↓↓

まず、寝る時間

昔からテレビが大好きで、夜寝るのは小学生にしては遅くなりがちだったのですが、成長ホルモンが夜の10時から翌2時までに活発になるという話を聞き、最近では夜の10時までには寝るようにしています。

それから栄養面

カルシウムを重点的に取るだけでは身長を伸ばすには足りないようなので、どうしても足りない栄養分は栄養機能食品で補いつつもサプリメントは身長改善にはあまりよくないようなので、なるべく普通の食品でバランスのよい栄養を考えた食事を食べさせたりしています。

特に重要視している栄養素はたんぱく質とマグネシウムとビタミンDで、これらをカルシウムと一緒にバランスよくとると骨の成長にいいようです。

あとは適度な運動

適度な運動も大事なようで、軽いジョギングをしたり、ストレッチを正しい方法でしっかりと時間をかけ、十分に筋肉を伸ばすして身体をやわらかくするようにしています。

筋肉をつけるような運動はあまりよくないようなので筋トレは控えさせています。

そして筋肉は筋肉でもインナーマッスルならば鍛えると身長を伸ばすことを助けてくれるようなので、授業中やテレビを観るときやゲームをするときは姿勢を正しくするように言っています。

背骨を支えるスジやインナーマッスルに刺激が加わり、骨と骨の間が伸ばされるため身長も伸びるようです。

栄養機能食品

まずは上に挙げたような、生活習慣の改善をちゃんとやることが前提ですが、こうした努力が反映されるのを少しでも助けられたらな・・・と思って始めたのがMAX GPC αという栄養機能食品です。

栄養面でも挙げましたが、重要視している栄養素を、なるべく普通の食品で摂ることも頑張りつつ、それを補助するためものです。

べつにわたしも”飲んだだけでぐんぐん背が伸びる”とは思ってませんが(笑)、生活習慣を努力している子供に、何かしてあげられたらという想いで、こうした補助食品を買ってあげることにしました。

息子としても、ただ寝る時間や献立を変えるだけでは、どうしても背が伸びるとは思えない不安があったみたいなのですが、そのためのものを何か別に飲むということで、これは何か起きるかもしれないという希望が持てるようになったみたいです。

そのおかげで、早寝や、少し嫌いな献立でもがんばって(なるべく・・・)食べるようになり、このモチベーションの向上には正直感謝しています。

それに、身長に関してなにかしてあげられるのも、この時期しかないですし、飲んだ成長期と飲まなかった成長期ではやっぱり違いがあるかもしれません。

全く意味がなかったとしても、後になってから、「無駄遣いだったね」だったら別にいいのですが、「やっぱり飲ませてあげればよかったかな?・・・」とだけは思いたくないですからね。

>>息子のモチベを上げたMAX GPC α<<